電話占いで悩みは解決する

電話占いを利用する人の多くは、悩みを抱えている人達です。
では悩みを抱えている人が利用し、実際にその悩みは占いによって解決しているのでしょうか?

電話占いで悩みは解決する?

例えば仕事で悩んでいる人がいるとしましょう。
その人は、転職をするか、このまま今の会社を続けるべきかで悩んでいます。
占いをしてもらい、今は新しい事を始めると上手くいく運気だとアドバイスされたとしましょう。
そのアドバイスに対して、その人はどちらの行動を起こした場合でも、悩みは解決するはずです。
実際に転職をしたら、後は転職先で新しい仕事を頑張るだけです。
そして転職をせずに、今の会社で頑張る事を決めたら、もうどうしようと悩む気持ちはありませんよね。
転職するべきか、しないべきかと悩んで、仕事に集中できない状況こそが1番のマイナスであり、どちらにしろ決断を決めたきっかけが占いであったとしたら、悩みは解決したと言えるでしょう。

行動の結果上手くいくとは限らない

もちろん、転職をすると選んだ場合、その転職が必ず上手くいくとは限りません。
転職活動に苦戦して、結局前の会社の方が条件がよかったという結果になるかもしれません。
ですが、転職しないという選択肢を選んだとしても、その会社でリストラに合う可能性だってありますし、残業代がカットされるなど、条件が悪くなる可能性だってあります。
つまり未来の事は誰にも分からないので、その選択肢が正しかったのか?
それは死ぬ直前まで分からないと言えます。
ですが、行動した結果、上手くいかなかった場合でも、行動してする後悔の方が、何も行動しないで後悔するよりも、意味のある事なのです。そして占いとは、行動を促す働きがあるので、必ず上手くいくとは限らなくても、占ってもらう意味はあるというわけです。
上手くいかなかった事は、占いのせいにしてはいけません。
最終的にその結果を選んだのは、あなた自身で、行動の責任は自分で取らなくてはいけません。

電話占いが終わった後にする事

電話占いをして、占い師から占いの結果を教えてもらいました。
では、占いをしてもらった後に、どのような行動をすればいいのでしょうか?

電話占いをした後の行動について

まず、電話占いをした後に、忘れてしまう前に、占い師に言われた内容を全て紙に書き出しておきましょう。
言われた事を覚えているつもりでも、半年後の運気なんて、今は覚えていても、半年後には忘れているかもしれません。
ですから、インプットしたものは、きちんとアウトプットしておきましょう。
そして占い師に言われたアドバイスは、実行する事が大切です。
そのうちやろうという考えはNGです。
特に何か悩みや問題を抱えているのであれば、早い段階で解決した方が解決しやすいはずです。
放っておくと、どんどん自体は悪化する恐れがあります。
できる事から、今すぐ実行していきましょう。

アドバイス実行後

占い師に占ってもらったアドバイスを元に、実行をした。
実行後、自体はどのように変化したのか、できれば、それも紙に書き出しておきましょう。
アドバイスを実行したけれど、何も変化は起きなかった。
アドバイスを実行し、自体はいい方向へ進み、問題は解決した。
アドバイスを実行したけど、さらに自体は悪化した。
どう転ぶかは人それぞれ違っています。
しかし、実行後に起きた変化を見ながら、その次はどう行動するべきなのか、考えていかなければいけません。
占いが当たらなかったからといって、占い師の文句を言っても、自体は何もいい方向には進みません。
この方法がダメなら、次はどの方法で行動すればいいのか、自分で考えて行動をする事ができれば、それも占いの効果の1つだと言えるのではないでしょうか?
問題解決の方法は1つではありません。ダメだった場合は、別の方法でチャレンジすれば成功するかもしれません。
自分で解決方法が思いつかなくなれば、占い師に占いでアドバイスをもらい、問題解決の違う方法を教えてもらいましょう。